毛玉取り器の種類は?おすすめをご紹介!

毛玉ができる原因は?おすすめ毛玉取り器や除去する際のコツについて

毛玉ができてしまった衣類

先日知人が、嫌いなものベスト5の一つが「毛玉」だと言っていました。

 

ベスト5とは結構上位にランキングされてるなと思いましたが、確かに毛玉って見た目も肌ざわりも悪くてストレスに感じますよね。

 

お気に入りの服を着用していても毛玉が出来るとテンションが下がってしまいます。

 

「この服、毛玉さえなければ頻繁に着たいんだけど」
「けっこう高かったから毛玉のために捨てるのはもったいない」

 

こんな悩みを抱えている方はけっこう多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「毛玉ができる原因」「毛玉取りのコツ」など毛玉について詳しく解説します。

 

最後におすすめの毛玉取り器やブラシをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

毛玉ができる原因

毛玉ができてしまう原因は、主に着用中の「静電気」「摩擦」によるもの。

 

静電気などによって表面に浮いてきた繊維が、摩擦で絡み合って束なり毛玉になっていきます

 

袖や脇の部分など摩擦が起きやすいところには毛玉が多くできてしまうわけですね。

 

洗濯のときにも衣類同士がこすれ合って毛玉ができてしまいます。

 

 

特に冬は、重ね着で様々な素材同士の服がこすれるので毛玉ができやすくなる時期です。

 

さらに乾燥によって静電気が起こりやすいため、冬は毛玉に悩まされることが多いですね。

 

 

毛玉ができやすい素材とできにくい素材

衣類の写真毛玉のできやすさは繊維の編み方や織り方なども関わってくるので一概にはいえません。
しかし、素材によって毛玉のできやすさにある程度の違いがあります。

 

毛玉ができやすい素材

アクリル、ポリエステル

強度もあって比較的安価なので衣類の素材としてよく使われていますが、繊維が絡みやすく毛玉ができやすいです。

化学繊維と天然繊維が混ざったもの

例えばアクリルとウール混合のものやポリエステルと綿が混ざったものなどは毛玉ができやすくなります。

 

 

毛玉ができても取りやすい素材

天然のウール

アクリルに比べると繊維が絡まりにくいので毛玉になっても簡単に取ることができます。

 

 

毛玉ができにくい素材

天然繊維100パーセントの綿、絹、麻

合成繊維と混合のものに比べると毛玉ができにくいです。

ナイロン

ツルツルした素材なので比較的毛玉ができにくいです。

 

 

抗ピル加工とは?

ピルとはピリングなどともいいますが、「毛玉」のことです。
つまり、抗ピル加工とは毛玉ができにくいように加工しているもののこと。
薬剤を塗布したり繊維の強度を調整したりと毛玉ができにくい加工が施されています。
毛玉ができにくくはなっていますが、ふんわりした風合いが好きな方には向いていないです。

 

 

毛玉を出来にくくするには?

洗濯ネットの写真

洗濯ネットを使用する

洗濯中にできる毛玉は、洗濯ネットを使用することで軽減できます。
このときに大き過ぎるネットだと中で衣類がこすれてしまうので、使用する洗濯ネットは衣類に合ったものにすることがポイントです。

 

洗濯の前にブラッシングする

洗濯する前にブラッシングをすると繊維が整って毛玉ができにくくなります。
きちんとホコリを除去すれば、ホコリが繊維と絡まるのを防ぐことができます。

 

静電気を防ぐ洗剤や柔軟剤を使用する

ドライマークの洗剤を使用すると毛玉の原因になる摩擦の発生を抑えることができます。
また、仕上げに柔軟剤を使用すると静電気を抑制できます。

 

ドライコースや手洗いで押し洗いをする

洗濯機のデリケートコースを利用する優しく手洗いをするなど、衣類が激しい摩擦にさらされないようにすることで毛玉の発生を軽減できます。

 

静電気防止スプレーを利用する

静電気の発生を抑えるスプレーをかけておくことで未然に静電気を防止できます。

 

 

毛玉取りのコツ

無理に引っ張らない

毛玉を発見すると、「エイッ」とむしり取ってしまいたくなりますよね。
しかし、力任せに毛玉を取ると服を傷めてしまいます。
それに毛玉を引っ張ると下から繊維が引き上げられ再び毛玉を生んでしまうことに。
無理に取るのはやめましょう。

 

水平な場所で毛玉を取る

毛玉取りはでこぼこしていない水平な場所で行いましょう。
生地がよれていると生地が破れてしまう原因になりますので、しっかりと伸ばしてから毛玉を取りましょう。

 

力を入れ過ぎない

早く毛玉を取りたいからと焦って力を入れ過ぎないようにしましょう。
生地が破れないように丁寧に優しく行います。

 

道具を上手に使い分ける

生地の種類や毛玉ができた箇所によって毛玉取りの方法を使い分けるのも一つです。
毛玉が上手に取れるとスッキリした気分になりますよ。

 

 

毛玉を取るための道具

毛玉取り器の写真

電動毛玉取り器

まんべんなく広範囲に毛玉を取りたい人には電動の毛玉取り器がおすすめ。
上から強く当ててしまうと生地を傷つけてしまうので注意が必要です。
生地に当たる距離を上下にセットできるものが多いので、素材によってうまく使い分けられるとよいですね。

 

毛玉取りブラシ

毛玉取りブラシはブラッシングしながら毛玉を除去することができます。
ブラシをかけると毛玉予備軍の繊維を整えてくれるので、毛玉防止にもなりますね。
しかし、デリケートな生地でこれ以上もう毛羽立たせくない!という場合には向いていません。

 

ハサミ

少量の毛玉であればハサミでカットしましょう。
毛足が長くやわらかな風合いのニットなどは、電動毛玉取り器では生地が薄くなってしまいます。
毛玉部分をハサミで丁寧にカットしてあげるといいですね。
化粧用や洋裁用などの小さなハサミが便利です。

 

カミソリ

カミソリもお手軽に毛玉がとれて便利ですね。
生地を傷つけないよう丁寧に優しくこするようにしましょう。

 

 

おすすめの毛玉取りをご紹介

かんたん毛玉取りブラシ

こちらのブラシは熟練の職人さんが作る毛玉取りブラシ。
衣類をブラッシングするだけできれいに毛玉が取れます。
持ち手は天然木でブラシは猪毛でできています。

 

テスコム毛玉クリーナー

大型のカッターなので広範囲に毛玉取りができます。
電池式だとだんだんとパワーがなくなってくることがありますが、こちらの製品はAC電源なのでパワーが落ちることはありません
風合いガードが付いていて、生地によって3段階に調整することができます。

 

大きな毛玉取り

カーペットや毛布など大型な生地の毛玉取りに便利なのがこちら。
カットする刃の部分の面積が広く、アイロンのような感覚で使用できます。
こちらも3段階の高さ調節ができます。

 

毛玉取り器グリーナー

こちらは電池や電源が不要な毛玉取り器。
刃を使用していない3種類のエッジが付属しています。
上手に使い分ければ様々な生地に対応できますね。

 

 

毛玉対策でストレス軽減

このページでは冬の時期にやっかいな「毛玉」の対処法についてご紹介しました。
毛玉取り器などを上手に活用して少しでもストレスを減らせるといいですね。


page top