小さな幸せに気づいてストレスを緩和させよう

小さな幸せの例を紹介!幸せを感じることがストレス解消に繋がります

小さな幸せ

現代人は忙しい毎日の中で、日々の幸せを忘れがちです。
しかし、幸せに気がつかないで日々を過ごしているのはもったいないことです。
幸せを感じることは疲れた心身を癒やすためにとても大切なのです。
小さな幸せを感じることの積み重ねが、日々のストレスを軽減してくれます。
そこで、このページでは小さな幸せの例や幸せを見つけるコツなどをご紹介します。

 

小さな幸せに気づくには?

幸せに気づくためには、自分の幸せを感じやすくするための下準備が必要。
下準備が整っていないと幸せに気づくチャンスを逃してしまいます。
まず、以下の2つに気をつけることから始めましょう。

 

大きな幸せを意識し過ぎない

幸せの基準をとても大きなものに設定していませんか?
幸せの基準が高すぎると、何か特別なことが起こらない限り幸せと感じなくなります。
日常にある幸せに目を向けられなくなり、幸せを感じる回数が格段に減ってしまうのです。
幸せを意識するときに、あまりレベルの高いものにならないようにしましょう。

 

他人の幸せと比べない

自分と他人を比べる習慣がついていませんか?
他人のSNSにアップされている幸せそうな写真の数々。
それらを羨ましいなあと思うのは当然のことです。
しかし、それに比べて「自分は平凡でつまらない」「自分は不幸せだ」なんてマイナスな気持ちが湧き上がってくるなら、今すぐ人と比べるのはやめましょう。
実際に他人がどのように幸せなのかは、こちらには分からないことです。
他人の幸せと自分の幸せを比べないようにしましょう。

 

小さな幸せを感じるための方法

幸せを感じるための下準備が整ったら、次は幸せを感じるための方法のご紹介です。
幸せを感じるためには積極的に「小さな幸せを意識する」必要があり、小さな幸せを意識する習慣をつけることが大切。
そうは言っても、忙しい毎日の中でいつでもどこでも小さな幸せを意識し続けるのは難しいですよね。
そんな時におすすめなのが、「寝る前に一日の小さな幸せを思い出す時間を作ること」です。
毎日眠りにつく前に、その日あった小さな幸せを思い出してみましょう。
この方法を行うと前向きな気持ちで眠りにつくことができ、良い夢を見られる確率が上がるかもしれませんよ。
幸せな気持ちをワンランクアップさせるために、アロマをたきながら小さな幸せに思いを巡らせてみるのもおすすめです。
リラックスできる音楽を流してみるなどもよいですね。
「寝る前にその日の小さな幸せを思い出す」ことは、ストレス緩和に繋がるとてもおすすめの方法です。

 

小さな幸せの例

幸せを感じるためには、「小さな幸せにはどんなものがあるだろうか」と想像してみることが大切。
日々の小さな幸せに気づくと、「あれ、けっこう自分って幸せじゃない?」と思えたりします。
そんな状況の積み重ねが、知らず知らずにストレスを緩和してくれます。
ここでは「小さな幸せあるある」をご紹介していきましょう。

 

  • 美味しいものを食べる
  • お風呂にゆっくり入る
  • オフの日に何もしないで一日中のんびり過ごす
  • 自宅でDVD見ながらジャンクフードを食べる
  • 朝日(夕日)がとてもキレイだった
  • 四つ葉のクローバーを見つけた
  • キレイな虹が出ていた
  • 珍しい野鳥を見かけた
  • 購入した物のバーコードシールがキレイに剥がせた
  • 赤信号にあまりひっかからなかった
  • 計量カップに水を注ぐときに一発で目盛りに合った
  • こたつでアイス

 

何を幸せと感じるかは人それぞれですが、小さな幸せを見つけようと思ったら無限に出てきます。
色々と小さな幸せに思いを巡らせていると、何だかちょっと面白くなってきてそれだけでもストレス軽減になりますよ。

 

日々の小さな幸せを意識してみよう

四つ葉のクローバーもきれいな虹も、意識することで見つけられる確率が上がります。
小さな幸せを感じるためには、幸せを意識する習慣づけが大切です。
日々の幸せを意識的に振り返る時間を設け、ストレス緩和に繋げられるといいですね。


page top