適当に生きるとは?メリットやコツを解説

適当に生きることのメリットを知ってストレス解消に役立てよう

「適当に生きる」と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?
「ちゃらんぽらんに生きる」とか「無責任に生きる」など、少しネガティブな印象を持つ方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、適当に生きることは悪いことばかりではありません。
「適当」に対する考え方次第で気持ちがラクになりますし、結果的にストレス緩和にも繋がります。

 

そこで今回は、「適当」について深掘りしていきたいと思います。
適当の意味や適当に生きるメリットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

適当の意味は?

適当という言葉は、本来「程度が良い」という良い意味で使われています。
「ふさわしいこと」「ほどよくちょうどいいこと」といった意味ですね。

 

しかし、適当の類語である「いいかげん」という言葉はどうでしょうか?
「雑である」とか「無責任である」などのマイナスなイメージを持つ方が多いと思います。
実際に、「あの人はいいかげんな人だ!」「いいかげんなこと言わないで!」「いいかげんにしてよ!」など、ネガティブなシーンでよく使われますよね。

 

適当という言葉も「いいかげん」という言葉のマイナスなイメージに引っ張られ、「あの人は適当なことしか言わないから信用できない!」などと悪い意味で使われます。

 

しかし本来は、いい加減という言葉も「好い加減」という良い意味を持つ言葉です。
「お湯加減はどう?」という質問に対する「いい加減だよ」という返答は、まさに「好い加減」の代表的な会話ですね。

 

以上のように「適当」は、良い意味でも悪い意味でも使用されている言葉です。

 

 

ポジティブな意味で「適当」が使われる文例

  1. 適当な量の調味料を加えてください。
  2. 今回の人事では適当な配置転換が行われました。
  3. これらの物は適当な配合で構成されています。
  4. 次の例文から適当なものを選びなさい。
  5. 彼らの適当な判断は評価に値します。

 

ネガティブな意味で「適当」が使われる文例

  1. 適当にあしらわれ腹が立ちました。
  2. 適当なことを言ってごまかさないでください。
  3. あの人は適当な人だからあてになりません。
  4. 先生に適当な返事をして叱られました。
  5. 適当にしないできちんと掃除をしなさい!

 

 

適当に生きることのメリットやコツ

適当という言葉には、「ほどよい」というポジティブな意味があります。
ストレス過多の現代で、ほど良く生きることのメリットは大きいでしょう。

 

しかし、「ほどよい」「ちょうどよい」というのは、人によって感覚が違ったりするものです。
「ほどよい」「ちょうどよい」を追求し過ぎてしまうと、ストレスを溜めてしまうことになるので注意しましょう。
「ちょうど良さ」についてあまり深く考えてしまうと、「適度にしなければ」と頑張り過ぎてしまい、逆効果になるからです。

 

ストレスを和らげるのに効果のある「適当に生きる」は、「肩の力を抜いてリラックスして生きる」というイメージです。
「ガチガチに考え過ぎていたな、少し気楽に考えてみよう」「真面目に頑張り過ぎていたな、少し手を抜いてみよう」など、少し肩の力を抜いてみましょう。

 

そしてもう一点「適当に生きる」ときに注意しなければならないことがあります。
それは、マイナスなイメージである「いいかげんな人」「無責任な人」というレッテルをはられないようにすることです。

 

・約束を守らずに信用を失ってしまう
・無責任な行動をとってしまい他人に迷惑をかけてしまう
・全てにおいて真剣に向き合わない

 

以上のような悪い意味での「適当」にならないように気を付けましょう。

 

適当に生きることを目指すときは、

  • 「ほどよいを意識し過ぎないようにする」
  • 「悪い意味でのいい加減が過ぎないようにする」

この2つがポイントになりますね。

 

 

適当に生きることが向いている人いない人

適当に生きることが向いている人

いつも頑張り過ぎて疲れてしまう人。
緊張して気持ちが張り詰めている人。
完璧を目指し過ぎてストレスを溜めてしまいがちな人。
そんな傾向にある人は、「ちょっと手を抜くぐらいがちょうど良い」ということで、「適当に生きる」ことが向いているかもしれません。

 

良くない意味のいいかげんさ持ち合わせている人は、「他人に迷惑をかけていないか?」「いいかげんな対応で損をしていないか?」など、自身の行動を振り返ることが大事です。

 

そうすることで、バランスよく「好い加減」を手に入れることができるのではないでしょうか。

 

 

適当に生きることが向いていない人

「きちんとやらないと気が済まない」という性格の人は、いいかげんに済ませることにストレスを感じてしまう場合があります。

 

きっちり完璧にやることがストレス解消になるという人もいますので、そういう場合は「適当に生きる」のは向いていないでしょう。

 

やはり、「自分らしく生きる」ことは大切ですから、自分を偽り過ぎることになる場合は、無理して「適当に生きる」ことはやめておきましょう。

 

 

適当に生きることでストレスを和らげよう

このページでは、適当に生きることについてご紹介しました。
完璧主義で自分に厳しい人ほどストレスが溜まりがちです。
適当に生きることのメリットを知って、ストレス緩和に役立てて頂ければ幸いです。


page top