価値観の違いとは?価値観の違う人との付き合い方対処法

価値観の違う人との付き合い方7選!ストレスを減らす方法を解説

価値観の違い

周囲との価値観の違いに悩んでいる人は少なくないと思います。

 

全てにおいて同じ価値観の人はいないものだと分かっていても、自分との違いにイライラやモヤモヤを感じてしまう。
そんな心境に陥ってしまう人はけっこう多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、価値観の違う人との付き合いにおいて、ストレスを減らす方法をご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

価値観の違いとは?

価値とは、「その物事がどれくらい役に立つのか?」という程度のこと。

 

そして「どんなことに価値があると認めるか?」という価値に対する考え方や判断基準のことを価値観といいます。

 

当然ながら、何に価値があると考えているかは一人一人に違いがあります。
つまり価値観の違いとは、個人が大事にしている考え方や物事に対する優先度の違いのことをいいます。

 

ちょっとした価値観の違いからトラブルに発展するような価値観の違いまで、大なり小なり、人は価値観の違いを感じながら生きています。

 

価値観の違いは、共同社会に生きる私たちにとって重要なテーマです。

 

 

価値観の違いを感じるときは?

価値観はみんな違って当たり前なのですが、特にその違いを大きく感じるのはどんな時でしょうか?

 

  • 性別による価値観の違い

「男脳」「女脳」という言葉があるように、一般的に男女では考え方に違いが生じることが多いようです。
その脳の違いが様々な場面で価値観の違いとなって表れます。

 

 

  • 家族構成による価値観の違い

独身、夫婦二人だけ、子どもの人数など、家族構成により何を優先するかは違ってきます。
これにより価値観の違いが生じる場面が増えます。

 

 

  • 世代間よる価値観の違い

年齢の違いにより価値観が違ってくる場面は多いでしょう。
世代間の違いで物事の優先度が変わることが多いようです。

 

 

  • 金銭に対する価値観の違い

お金持ちとそうでない人では、当然使用できる額が変わってきます。
しかし、同じ金額のお金を持っていても、何に優先して使うかは価値観によって変わってきます。

 

 

  • 環境や体験による価値観の違い

育ってきた家庭環境や今まで経験した事柄によって価値観は異なってきます。
今まで読んだ本や見てきた映画などにも影響されるでしょう。

 

 

価値観の違う人との付き合い方

価値観の違いについては、ある程度距離を置いて付き合える関係性の人であれば、それほど気にならないかもしれません。

 

しかし、職場で同じ部署だったり、家族や恋人だったりと、関係性が深い場合は価値観の違いがストレスになってしまいます。

 

付き合いが深く長時間一緒に過ごさなければいけない場合は、価値観の違いでストレスを溜めたままにしておくのはよくありません。

 

そこで、価値観の違う人との付き合い方のヒントを以下にご紹介します。

 

 

1.価値観が違うのは当たり前だと認識する

「価値観が違っているのは当たり前」という事実を受け入れることこそが、まず最初にやるべき最もシンプルな方法です。
育ってきた環境や経験、家族構成などにより一人一人価値観が違うのは自然なこと。
価値観の違う人との付き合いでストレスを溜めてしまいがちな人は、自分と同じであるはずだ!と決めつたり、同じ考えであってほしい!と過度に期待したりする傾向にあります。
一人一人違う人間ですから、「価値観の違いが生じるのは当たり前」とあらためて考えるようにしましょう。

 

 

2.相手の価値観を否定しない

人は自分の価値観を否定されると、人格を否定されたような気分になります。
自分との違いに戸惑ったとしても、相手の価値観を尊重する姿勢が大切です。
頭ごなしに否定するような言動は避けましょう。
相手の価値観を認めることができると、自分に対しても肯定的な気持ちになれます。

 

 

3.自分の価値観を丁寧に伝える

相手はその価値を経験したことがなくて知らないだけ、という場合もあります。
自分の考えを伝えることによって相手の価値観に変化が起こるかもしれません。
この方法で大事なポイントは、自分の価値観を押し付けないことです。
自分の考えを伝えるということであって、けっして価値観をゴリ押しすることではありません。

 

 

 

4.視野を広げるチャンスと思う

先ほど自分の価値観を丁寧に伝える方法をお伝えしましたが、逆もしかりです。
相手の考えをしっかり聞くことで、自分の知らなかった価値を知ることができるかもしれません。
「なるほど、そういう考え方もあるな。」と、柔軟に考えられるチャンスになります。

 

 

5.価値観は変わっていくもの

今後も関係性が継続される人との価値観の違いは、ストレスになりがちです。
そして、価値観は絶対に変わらないものだ!と絶望してしまうと、さらにストレスが溜まってしまいます。
自分の価値観を相手に押しつけて無理やり変えさせることはできませんが、相手が色々と経験することによって価値観が変わる場合もあります。
「価値観は変わるものである」ということを心のどこかに置いておくと、気持ちがラクになります。

 

 

6.自分の価値観を大切にする

相手の価値観を尊重することは、価値観の違う人と付き合っていく上で大事なことです。
しかし、相手に合わせようとして自分の気持ちにフタをするなどの無理は禁物。
どうしても譲れない!と思うような価値観は、無理に譲らなくてもよいのです。
自分の中で絶対に妥協できない価値観(人生において大事にしていること)は、大切にしましょう。

 

 

7.価値観の違いに敏感になり過ぎない

人と比べ過ぎる傾向にある人は、価値観の違いにも敏感になり過ぎてしまいます。
例えば好きな色の違いにまで敏感になっていてはきりがないですよね。
食べ物の好みや趣味なども人それぞれ違いがあって当然です。
何でもかんでも価値観の違いに結び付け過ぎないようにしましょう。

 

 

価値観の違いを受け入れよう

今回は、価値観の違いに対するストレスを少しでも減らせるように、対処方法をご紹介しました。
大事なのは、価値観の違いを受け入れつつも自分の気持ちに逆らい過ぎないことです。
価値観の違いと向き合う際には、無理をし過ぎないようにして、上手にストレスを減らしましょう。


page top