自信の付け方を紹介

自信をつける7個の方法!自分に自信がない人の克服法を紹介

自分に自信をつける方法

自信を喪失してしまうような出来事というのは頻繁に起こりますよね。
日々の生活の中で、「自分に自信がない」と落ち込んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

そのような毎日を変え、自信を持っていきいきと生活したいと考えている人は少なくないと思います。

 

自信を喪失した状態が長引くと、ストレスを溜める原因にもなります。

 

自信を失くしてしまった時は、いかに早めに対処できるかが重要です。

 

そこで今回は、日常生活の中で自分に自信がないと悩んでいる人向けに自信をつける方法をご紹介します。

 

この記事が自分に自信を持てるヒントになれば幸いです。

 

 

自分に自信がない人の特徴は?

自分に自信をつけるには、まず自信がない人の特徴を知ることが大切です。
自分に自信がない傾向にある人にはどのような特徴があるのでしょうか。
以下に例を挙げますので、まずはその特徴を確認してみましょう。

 

  • 他人と比較する

全てにおいて他人と比較してばかりいる

 

  • 白黒思考

物事を成功か失敗かだけで考えてしまう

 

  • マイナス思考

何事も悪い方へ悪い方へと捉えてしまう

 

  • 完璧主義

理想が高く完璧な結果を求めてしまう

 

  • 評価を気にする

他人からの評価を気にし過ぎてしまう

 

 

自分に自信がないことのメリットは?

自分に自信がないことはデメリットばかりでしょうか。
ここでは、自分に自信がない人のメリットについてみていきます。

 

自信がないことによるメリット

  • 物事を慎重に丁寧に進めることができる
  • 出来ない人や失敗した人の気持ちがわかる
  • 控えめで押しつけがましくない印象を与える

 

逆に自分を過信し過ぎる傾向にある人は、「あの人はいつも自信満々で鼻につく人だ」と思われたり、自信過剰が原因となって失敗したりするなどのデメリットがあるでしょう。

 

 

自分に自信をつける方法を紹介

前の項目では、自分に自信がない人にも良い面があるということをお伝えしました。

 

とはいえ、「行動範囲が広がる」「判断力が上がる」「精神的に落ち着くことができる」など、自信を持つことのメリットはたくさんあります。
やはり、自分に自信をつける方法も知って、メリットをたくさん享受したいですね。

 

そこで、ここからは具体的に「自分に自信をつける方法」をご紹介します。

 

自信をつける方法1:他人と比べない

自分に自信がない人の特徴でも出てきましたが、「他人と比べる」ことは自信を喪失させる大きな要因です。
尊敬する人の行いを参考にするなど、他人と比べることがポジティブに働いている場合は良いですが、心理的にマイナスな影響を与えている場合は注意が必要です。
私たち人間はついつい他人と比べたがりますが、上を見たらキリがありません。
自信をつける方法としては、まず「他人と比べない」ことから始めましょう。

 

 

自信をつける方法2:メタ認知能力を上げる

メタ認知とは、自分の言動を客観的に捉えること。つまり、「自分の認知について認知する」といったことを指します。
このメタ認知ができるようになると、自分をうまくコントロールすることが可能となり、自分に自信が持てます。
メタ認知能力が上がると、自分の良いところを見つけることもできますが、おのずと悪いところにも目がいってしまいます。
しかし、それも含めてメタ認知能力です。
冷静に自己分析できている自分を感じることができ、心が安定します。
「メタ認知」に関しては色々な書籍が出ていますので、参考にしてみるのもおすすめです。

 

 

自信をつける方法3:スモールステップで褒める

どんな些細なことでも「できたこと」を書き出してみましょう。
例えば、「物を定位置に戻した」「テーブルをふいた」「朝きちんと起きられた」「仕事に行った」などです。
普段何気なくこなしていることでも、それらを実行できた自分を褒めてあげましょう。
このようにスモールステップで自分を褒めることは、スモールステップで自分を認めることになり、自信に繋がります。

 

 

自信をつける方法4:知識をつける

知識は人生を豊かにしてくれる財産です。
知識はいい学校に入るためだけの「お勉強」ということではなく、視野を広げてくれる豊かなものだという視点で考えましょう。
そして、図書館、博物館などの知識をつけることができるスポットに積極的に出向いてみましょう。
忙しくて出かけられない人も多いと思いますが、外出する時間がなくても、インターネットでいつでもどこでも様々な知識をつけられる時代です。
自分自身でいくらでも知識を広げることができる世の中を実感することは、日々の生活を前向きにしてくれるでしょう。
しかし、注意点があります。
それは、無理して高いレベルを目指し過ぎないことです。
あれもこれもと知識をつけようとして疲弊しないように気を付けましょう。

 

 

自信をつける方法5:好きな事に没頭する

趣味に没頭することは、自分に自信をつける方法の一つです。
趣味とまではいかなくても何か好きな事を見つけることが大切。
ボーっとするのが好き。休日にたっぷり寝るのが過ぎ。このような些細なことでも自分にとっては有意義な時間です。
自信を失くしてしまう出来事が起きたら、自分が心地良いと思う何かをしましょう。
今すぐそれが出来なくても、「休日になったら趣味を楽しんでリセットしよう」と心の中でつぶやきます。
そのように前向きに考えるだけでも、「自分は落ち込んでいる状況をリセットできるぞ!」と自信がつきます。

 

 

自信をつける方法6:信頼できる人と話す

信頼できる人と話すことは、自信を取り戻すきっかけになります。
信頼関係にある人ということは、つまり相手も信頼して自分を好きでいてくれる人。
自分の存在を認めてくれている人を再確認することで、自己肯定感はアップします。
人間でなくてもペットでもよいのです。
自分を好きで慕ってくれる存在は自分に自信を持たせてくれます。

 

 

自信をつける方法7:開き直る

開き直る。これは最強の克服方法であるかもしれません。
「大丈夫、なんとかなる」「明日は明日の風がふく」「よく考えたら大したことないかも」と、心の中でつぶやきましょう。
誰もいなければ、実際に声に出して言ってみると、さらに気持ちをラクにしてくれます。
それに自分に自信がない人にはメリットもあります。
変わらなければ!と無理をし過ぎず、「ありのままでいいじゃないか」と、自分らしさを認めてあげられると気持ちが落ち着きます。

 

 

自分らしさに自信を持とう

今回は、自分に自信がない人向けに克服法をご紹介しました。
まずは、ありのままの自分を受け入れ、自分らしさに自信を持つことが大切です。
そして今回ご紹介したような自信をつける方法を実践し、毎日の生活をより豊かなものにしてくださいね。


page top