ストレス耐性い弱い人の特徴について

ストレス耐性を高める方法を5つ紹介!ストレスに弱い人の特徴とは

ストレスに弱い

ストレス社会と言われる現代ではストレスは避けて通れず、ストレス耐性は重要な課題です。

 

「もう少しストレスに強くなればラクに生きられるのに」と、考えている人は少なくないと思います。

 

そこでこのページでは、ストレスに弱い人の特徴やストレス耐性を高めるための方法についてご紹介します。

 

日頃からストレス耐性がないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ストレス耐性とは

ストレス耐性とは、その言葉通り、ストレスに耐えられる力のことです。
様々なストレスに対して適切に対処できるスキルを持っているかを表しています。

 

「あの人はストレス耐性が高い人だ」とか、「自分はストレス耐性が低い」などといった会話は、日常的によく聞かれますよね。
当然ながらストレス耐性は人によってレベルが違います。

 

ストレス耐性の高い人は、困難に直面したときにもスムーズに乗り越えられる傾向にあります。
また、ストレスによる心身の不調に陥ることが少ないなどのメリットがあります。

 

上記のように、心身ともに健康的な生活を送る上で重要なストレス耐性ですが、そもそもストレス耐性を決める要素とは一体どのようなものでしょうか?
以下にストレス耐性に影響を与える代表的な項目を列挙します。

 

 

  • 感知能力

ストレスとなる要因に気づくのか気づかないのか。

 

  • 処理能力

ストレスの要因に対して、それを避けたり減らしたりする能力。
ストレスをプラスの方向に持っていくことのできる能力。

 

  • 経験値

これまでにどれぐらいストレスを受けたか。
過去に同じようなストレスを経験したことがあるか。

 

  • 許容量

ストレスをどのぐらい溜めていることができるのか。

 

 

 

ストレス耐性の違いは、持って生まれた性格にもよりますが、一生変えられないものではありません。

 

つまり、自身の現状のストレス耐性を把握してストレス耐性を鍛えていくことも可能なのです。

 

次の項目でストレス耐性を高めるために確認しておきたい「ストレスに弱い人の特徴」をみていきましょう。

 

 

 

ストレスに弱い人の特徴

ストレスに対して耐性が高い人と低い人の違いは何でしょうか?
まずは、ストレスに弱い原因を知って対策を立てることが重要です。
ここでは、ストレスに弱い人の特徴をご紹介します。

 

ストレスに弱い人の特徴1:完璧主義

何においても手を抜くことができない完璧主義な人は、ストレスに弱い傾向にあります。
真面目で手を抜かない人は、周りからの信頼を得られるという良い面もあります。
しかし、ストレスを感じた時に深刻に受け止め過ぎてしまうなど、ストレスに弱いタイプの人が多いようです。

 

 

ストレスに弱い人の特徴2:気をつかい過ぎる

気づかいの出来る人は、心優しく周囲の人にもありがたがられるでしょう。
しかし、本人の中では知らず知らずにストレスを溜めてしまいがちです。
周りを気にし過ぎて無理をしている状態が続くと、ストレスに弱くなります。

 

 

ストレスに弱い人の特徴3:他人と比較する

つい人と比べて物事をジャッジしてしまう傾向にある人は、落ち込む機会が多くなるため、ストレスにも弱くなります。
この世の中、まったく他者と比較しないで生きていくのは難しいです。
しかし、常に他の誰かと比べながら生活している人はストレスを感じやすくなるでしょう。

 

 

ストレスに弱い人の特徴4:マイナス思考

何でも良くない方向に考えがちな人もストレスを溜めやすいでしょう。
些細なことでもストレスに感じてしまうので、ストレスに弱いです。
過去や未来についてマイナスな面ばかり見ているので、ストレスを感じやすくなります。

 

 

ストレスに弱い人の特徴5:ストレス発散する機会がない

ストレスをなかなか発散させる機会がない人は、ストレスを溜め続けてしまいます。
親しい人とおしゃべりをしたり趣味でストレスを発散させたりする機会がないと、ストレスは溜まる一方です。
定期的にストレスを解消する機会を持たないと、ネガティブな状態が続き、ますますストレスに弱くなります。

 

 

ストレス耐性を高める方法

ここまでストレスに弱い人の特徴をみてきました。
ここからは、ストレス耐性を高める方法を具体的にご紹介します。

 

 

ストレス耐性を高める方法1:現在の自分を把握すること

自分をしっかりと認知し、どのぐらいストレスを感じているのかを客観的に把握するクセをつけましょう。
自分を俯瞰することができると、受けているストレス自体を客観的に評価することができ、ストレス耐性が高まります。
自分の現在の状況を具体的に紙に書き出すなどがおすすめです。

 

 

ストレス耐性を高める方法2:気にしない能力を上げる

ストレス耐性を決める要素の一つして「容量」があります。
つまり、ストレスに対して許容する容量を上げることがストレス耐性を高める方法です。
簡単に言うと「スルー力」を高めるということです。
ストレッサーに対し、一つ一つ気にし過ぎているとストレスが増幅してしまいます。
「大したことないかも」と心の中で呟いてみるなど、気にしない能力を高めていきましょう。

 

 

ストレス耐性を高める方法3:気持ちの切り替えを上手に

失敗をいつまでも引きずっている状態では、ストレスが溜まる一方です。
しかし、上手に気持ちを切り替える方法を知っていれば、ストレスが発散できてストレス耐性も高まります。
適度にブレイクを入れる、趣味でストレスを発散するなど、気持ちの切り替えを上手にできるようにしましょう。

 

 

ストレス耐性を高める方法4:栄養バランスの良い食事

色々な栄養をバランス良く摂取している人はストレスに強いと言われています。
栄養バランスの良い食事は体だけでなく、脳にも良い影響を与えてくれるのです。
偏った食生活をしていると心身の不調の原因になりますので、バランスの整った食事を心がけましょう。

 

 

ストレス耐性を高める方法5:良質な睡眠

良質な睡眠を心がけることは、ストレス耐性を高める有効な方法です。
睡眠不足で体調不良が続くとストレスに弱くなります。
良質な睡眠を手に入れるために、不規則な生活習慣を見直すようにしましょう。
良質な睡眠の手助けをしてくれる安眠グッズを利用するのもおすすめです。

 

おすすめの安眠グッズの紹介ページはこちら

 

 

ストレス耐性に弱い原因を知って対処しよう

今回は、ストレスに弱い人の特徴やその対策方法をご紹介しました。
ストレス耐性が低くなってしまう自分を客観的に評価し、ストレス耐性を高めるヒントにしてくださいね。


page top