掃除が苦手な主婦の方に!やる気を出す方法

掃除をやる気になる方法とは?苦手を克服するコツについて

掃除道具

掃除のやる気がなかなか出なくて困っているという方、けっこう多いのではないでしょうか。
家事の中でも掃除はついつい後回しになりがちですよね。

 

そこで今回は、あまり頻繁に掃除をするのが好きではない人、掃除がストレスになっている人向けにやる気を出すための方法をご紹介します。

 

掃除をやる気にならない原因

やる気にならない理由が分かれば対策がとりやすいので、まずは掃除をやる気が起きない原因にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

 

家事の優先順位が低い

食事は毎日しっかりとらないと命に関わりますし、洗濯をしないと着るものがなくなって困りますよね。
それに比べて掃除は毎日しなくても生活が出来てしまうため、料理や洗濯よりも優先順位が低くなりがちです。

 

部屋が散らかっている

部屋にモノがあふれて散らかっていると何もやる気が起きなくなります。
また、掃除機をかける前に片づけから始めなければならないので掃除に対するモチベーションが下がってしまいます。

 

高いレベルを目指している

テレビや雑誌に出てくるキレイ好きな方のお部屋を再現しようとしてもなかなか難しいものがあります。
高いレベルを目指し過ぎていると「やっぱり自分には無理だ」と取り組む前から諦めてしまいがちです。

 

 

掃除のやる気を出す方法

掃除をやる気になるそれでは、掃除の苦手を克服する方法をご紹介します。

 

1.掃除道具の収納を工夫して掃除をラクに!

「いざ掃除を始めると気分がのってくるのだけど、はじめの一歩までがなかなか・・」という方多いのではないでしょうか?
そんな方は掃除道具のポジションを見直してみてください。

 

毎回掃除道具を奥から引っ張り出さなければいけないと、掃除をするのが億劫になってしまいます。
掃除をスムーズに始めるためには、道具がすぐに出し入れできる場所にあることが重要です。

 

ポイントは、頻度の高い掃除道具を手前に収納しておくこと。
普段からササっと取り出せるところに置いておくことが大事です。
また、フローリング用のシートや洗剤などの細々したものは収納ボックスに入れて、取り出しやすい場所に置いておきましょう。
持ち手が付いているタイプの収納ボックスだと運びやすくて便利ですね。

 

 

2.片づけは最初から完璧を目指さない

物を出しっぱなしにせずに毎回きちんとしまう。これは、掃除のスペースを確保するという意味でもとても重要です。
しかし、この片づけるという行為、なかなか手強いですよね。

 

「きちんと片づけなきゃと思ってはいるけれど、ハードルが高くて実行できない」
「目の前にものが溢れていって、掃除をする気力がどんどん遠のいていく」
そういう場合は、完璧に整理整頓することは一旦やめておきましょう。

 

とりあえず、ファイルボックスやワイヤーバスケットなどを用意して、物を入れる場所だけ決めます。
そして、片づけるときはそこにポンポン入れていくだけ。
棚にしまうものは、適当に棚に置いてカーテンなどで隠してしまうのもよいでしょう。

 

見た目がスッキリするとストレス解消になって、ボックス内やカーテンの内側を整理する気力が湧いてくるかもしれません。
そうやって少しずつ次のステップに進めていくといいでしょう。

 

 

3.断捨離も無理せず少しずつ

掃除や片づけをスムーズにするには物の量がとても大切です。
限られた収納スペースに対して物量が多いと、それだけで片づけの気力が下がってしまいます。

 

掃除をスムーズに行う上で、普段から不要なものは捨てる断捨離癖をつけておくことは大事です。
しかし、断捨離がストレスになってしまっては本末転倒。

 

まずは、1日1個、1週間に1個、1か月に1個でもいいと思います。
無理して断捨離せず、紙袋の整理や書きにくくなったペン1本からでもよいのではないでしょうか。
ストレスに感じない程度に少しずつ行うことをおすすめします。

 

 

4.毎日しなくてもよいと割り切る

毎日隅々まできちんと掃除しようと思うとストレスに感じますよね。
そんなときは「食事は毎日とらないといけないけど掃除は毎日しなくても大丈夫!」と割り切ってしまうとスッキリします。

 

実際、掃除機は毎日かけず週1〜2回という人も多いようです。
普段は「フローリングシートをササっとかけるだけ」「気になる部分をササっと拭くだけ」などでもよいと思います。

 

また、その日に掃除する場所を「洗面所だけ」「玄関だけ」と一つに決めてしまうのもおすすめです。
どこか一か所だけでも掃除をするとスッキリした気分になれますよ。

 

 

5.お掃除ロボットや代行サービスを利用する

自分だけで掃除をするのはちょっと厳しいなという場合、お掃除ロボットを利用するのも一つです。
ロボット掃除機が市場に出始めた頃は種類も少なかったですが、現在は豊富なラインナップがあります。
ゴミ取りだけでなく拭き掃除までしてくれるロボットも登場しました。

 

購入しても本当に活用できるか不安だなという方は、レンタルサービスもあるので試しに利用してみるのもオススメです。
せっかくお掃除ロボットを用意したのだからと、部屋を積極的に片づけるようになるかもしれません。

 

また、忙しくて掃除をしている暇がない、掃除が苦手でストレスを溜めている、そんな方にはお掃除代行サービスがあります。
やらなければと焦っているけでなかなかできなくてストレスになっている方は試してみるのもいいですね。

 

 

掃除は気楽に取り組もう

いかがでしたでしょうか?
最初から完璧を目指すと挫折しやすいですし、ストレスに感じてしまいます。
気楽に構えて、ストレスなく掃除に取り組めるといいですね。


page top