プラス思考になるための方法

プラス思考になるにはどうすれば?7つのお手軽な方法をご紹介

プラス思考

プラス思考とは、物事を前向きに良い方向に考えることです。
「プラス思考を取りいれたい」、「何事もポジティブに考えられるようになりたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、現代のストレス社会では、気分が落ち込みマイナス思考に陥ってしまうことが少なくありません。

 

そこで今回は、「プラス思考になりたい」と考えている人向けに、プラス思考のメリットやプラス思考になるための方法などをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

プラス思考になることのメリット

プラス思考のメリット物事をプラスに考えるのは良いことだと漠然には分かっているけど、実際にはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

プラス思考になるということは、マイナス思考の考え方を止めるということ。

 

つまり、プラス思考のメリットは、マイナス思考のデメリットを無くせることです。

 

それでは、マイナス思考のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。
以下に代表的なデメリットを挙げます。

 

  • 何かに挑戦する機会が減ってしまう
  • 周囲の人との関係が悪くなりがち
  • 負の連鎖が起きやすくなる
  • 必要以上に不安や心配事が大きくなる
  • 呼吸が浅くなってしまう

 

以上のようなデメリットを無くす為にも前向きに考えるクセを付けることは大事です。
ポジティブに考えることができれば、失敗を恐れずに果敢に挑戦することができます。
前向きな気持ちになれれば、うつむき加減の姿勢から胸を張った姿勢になり呼吸が深くなります。
また、就寝前にネガティブな考えに陥ることが減れば、眠りの質も良くなります。
マイナス思考からプラス思考へ改善することができれば、ストレスも軽減され心身共に健康になれるのです。

 

プラス思考の恩恵を受けるために、プラス思考になる方法を身に付けることはとても大切です。

 

プラス思考になる方法

ポジティブプラス思考になる一番の近道はネガティブに考えるクセを治すことです。
ここでは、そのために効果的な方法を7つご紹介します。
ぜひ、ご自分に合った方法を見つけてみてください。

 

プラス思考になる方法1:自分を認める

悩み事や心配事は誰にでもあるものです。
落ち込んだり悩んだりするのは人として当たり前なのだと考えましょう。
大切なのは、マイナスな考え、ネガティブな考えをしてしまう自分を責めないこと。
まずは、そんな自分を許してあげる、認めてあげることから始めましょう。
自分を認めてあげられるようになると、次第にポジティブな気持ちが生まれてきます。

 

プラス思考になる方法2:自分を褒める

常にマイナス思考になってしまう人は、自己否定的な考え方を持っていることが多いといいます。
否定するクセを治し、自分の良いところを積極的に見つけましょう。
「褒めるところなんてない!」と思う方もいるかもしれません。
しかし、短所は長所の裏返しといいますよね。
自分では短所だと思い込んでいたことが実は自分の良いところだったりもします。
例えば、「優柔不断である」は「協調性がある」とポジティブに変換することができます。
プラス思考を身に付けるためには、寝る前に自分の良いところを思い起こす方法がおすすめです。
良いイメージで眠りにつくことができると、前向きな気持ちで朝を迎えることができます。

 

プラス思考になる方法3:何か一つ継続する

人というのは、達成感を得たい生き物であり、何かを成し遂げた時に喜びを感じます。
エベレストの登頂は、まさに達成感の極みといえるでしょう。
さすがに誰でもエベレストに挑戦できるわけではありませんが、身近なことで小さな達成感を味わうことはできます。
何事も続かなくて達成感を味わうことができないという方には、うんとハードルを下げて何か一つでも継続することをおすすめします。
「どこか一カ所だけ継続して掃除をする」「定期的にプチ断捨離をする」「帰宅時に靴を綺麗に並べる」など、自分でできそうなことを一つ決めて実践してみましょう。
何か一つでも継続できると、達成感や自信を持つことができて前向きな気持ちになれます。

 

プラス思考になる方法4:感謝する

「ありがとう!」と感謝の気持ちを述べられて後ろ向きな気分になる人はいませんよね。
感謝の言葉は言われている人だけでなく、言っている人も優しく穏やかな気持ちにしてくれます。
日々の生活の中で、感謝の気持ちを忘れていることって多々ありますよね。
あえてそれを感謝の言葉にして発してみてください。
最初は少し恥ずかしいと感じますが、続けているとそんな自分を好きになりプラス思考の助けになってくれます。
照れくさいなという場合、心の中で呟くだけでも心が温かくなり前向きな気持ちになれます。

 

プラス思考になる方法5:白黒つけ過ぎない

ネガティブ思考に陥りがちな人には完璧主義が多いようです。
もちろん完璧主義には良い面もありますが、うまくいかなかったときに落ち込んだり自己否定し過ぎたりしてしまいます。
普段から何でも白黒つけ過ぎないように意識することが大切です。
物事を善か悪か、成功か失敗かだけで判断しないようにしましょう。
結果だけを重視せずにその過程を考慮するクセをつけることが、マイナスな思考に陥らない方法として有効です。

 

プラス思考になる方法6:前向きな言葉

落ち込んでいるときだけでなく、普段から意識的に前向きな言葉に触れていると自然とポジティブシンキングが身に付きます。
「失敗は成功のもと」や「笑う門には福来たる」は、前向きでポジティブな気持ちにしてくれる言葉として有名ですよね。
その他にも、偉人や有名アスリートの言葉、アニメのキャラクターのセリフなど、たくさんの素晴らしい前向きな言葉があります。
「前向きな言葉」や「ポジティブな言葉」で検索すると、「この言葉深いな!」「この言葉カッコイイ!」と思う言葉がたくさん出てきます。
ぜひ、自分のお気に入りのプラス思考になる言葉を見つけてみてください。
お気に入りの言葉を壁に貼っておいたり、前向きな気持ちにしてくれる言葉が掲載されたカレンダーを購入したりしてもいいですね。
携帯電話のメモに記入しておいてネガティブな気分になったときにいつでも見れるようにしておく方法もおすすめです。

 

プラス思考になる方法7:前向きな歌

前向きな気持ちにしてくれる言葉と同様に前向きになれる歌もたくさんあります。
これらの歌を聴くことは、プラス思考を身に付けるのに一役買ってくれます。
不思議なことにポジティブな歌詞の歌を探していると、それだけで気持ちが前を向いてくるのです。
「ポジティブな気持ちになれる歌」を集めてプレイリストにして聴くのがおすすめです。
常に前向きな楽曲を聴いていれば、音楽の癒し効果と相まってプラス思考脳を強めてくれることでしょう。

 

プラス思考の注意点

プラス思考を手に入れて、前向きな人生を送ることにはメリットがいっぱいですが、気を付けたい点もあります。
プラス思考になるために色々と取り組む際、注意したい点は以下の2つです。

 

人に押しつけない

プラス思考を誰かに押しつけることはやめましょう。
自分では励ましているつもりでも、相手にとっては考えを押しつけられたと感じる場合もあります。
相手には相手のペースがありますから、もしマイナス思考をプラスに変えてあげたいと感じても、けっして考えを押しつけることのないように注意しましょう。

 

焦らない

マイナス思考に陥っても焦らないようにしましょう。
「ポジティブにならなければ」と考えれば考えるほど、深みにはまってしまうこともあります。
まずは今の自分を許容することから始め、ゆっくりと改善に取り組みましょう。

 

 

プラス思考を身に付けてストレス軽減

このページでは、プラス思考を身に付ける方法などをご紹介しました。
プラス思考になると、心身共に健康になれて人生が楽しくなります。
ポジティブな思考を身に付けて、ストレスの軽減に役立てましょう。


page top