散歩のストレス解消効果を紹介

散歩の効果を10個紹介!ストレス解消に役立つ理由とは

散歩の効果

散歩はよくストレス解消におすすめといわれますが、どのような点がよいのでしょうか?

 

散歩をしていると知らない植物を発見したり虫の声が聞こえたりと季節を感じることができます。
また、車や自転車の移動では見過ごしていたお店や路地を見つけるなど、新しい発見ができるというメリットもありますね。

 

こんなメリットいっぱいの散歩ですが健康効果もたくさん報告されています。

 

たしかに散歩をすると何だか気分がスッキリしますよね。

 

散歩は何となく健康に良いというイメージがあると思いますが、具体的な効果まではよくわからないという方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、散歩の効果散歩を継続させるためのコツなどを詳しくご紹介。
ストレス解消のためにもぜひお役立ていただければと思います。

 

 

散歩の効果にはどんなものがある?

散歩している写真具体的な散歩の効果を以下に10個ご紹介します。

 

散歩の効果1:リラックス効果

激しい運動は交感神経の働きを高めてしまいますが、適度な運動は交感神経の働きを弱めます。
散歩はまさに適度な運動。自律神経のバランスが整うことでリラックス効果が期待できます。
現代人は交感神経優位な状態が多いですから、散歩でリラックス効果を得ることは大切です。
また、リズムよく散歩を続けていると心の安定に重要なホルモン「セロトニン」が分泌されます。
このセロトニンの分泌により幸福感を得られ、よりリラックスできる状態となります。

 

散歩の効果2:ダイエット効果

散歩は他の運動量の多いものに比べればダイエット効果は劣ります。
しかし、有酸素運動なので基礎代謝を上げてくれる効果があります。
基礎代謝が上がれば消費カロリーが増えて体脂肪の減少につながります。
立ち止まったりせずにテンポよくウォーキングすることでより効果を高めることができます。

 

散歩の効果3:血行促進

足は重力に逆らい心臓の方向へ血液を運ばなければいけませんが、散歩はこの血液の循環を促進してくれます。
この血行促進効果により、肩こりや冷え性などの改善が期待できます。

 

散歩の効果4:免疫力アップ

腸は全身の免疫を司る重要な器官です。
散歩をすると自律神経が整いますが、胃腸のコントロールはこの自律神経が担っています。
自律神経を活性化させてくれる散歩は腸を元気にし、免疫力アップに大いに貢献してくれます。

 

散歩の効果5:高血圧を改善

交感神経は血圧を上げる働きがありますが、散歩は交感神経の働きを弱めてくれます。
副交感神経優位な状態になることで、血圧を下げる効果が期待できます。

 

散歩の効果6:骨を強くする

散歩のような適度な運動で骨に負荷をかけることは骨を強化することにつながります。
また、日光に当たるとビタミンDが体内で合成されますが、このビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。
骨の強化のためには日中に散歩をすることがポイントです。

 

散歩の効果7:安眠効果

質の良い快適な睡眠はストレスの軽減に重要ですが、運動習慣が少ない人には不眠が多いということがわかっています。
過度な運動は交感神経を刺激して快眠の妨げになりますので、適度な運動である散歩は安眠効果におすすめです。

 

散歩の効果8:美肌効果

新陳代謝が活発になれば肌がしっとりきれいになります。
散歩には新陳代謝を活性化させる効果がありますので美肌効果も期待できます。

 

散歩の効果9:腰痛改善

運動が不足すると腰回りの筋肉が硬くなります。
筋肉が硬いと、少しでも腰を動かすと痛みを感じてしまいます。
散歩を継続して背筋や腹筋を鍛えると、筋肉が柔らかくなり腰痛改善効果につながります。

 

散歩の効果10:体力増強

継続してテンポのよい歩行を続けていると肺機能が鍛えられます。
散歩で体力がつくと、階段の昇降などもラクになります。

 

 

散歩の効果をより高めるためのポイント

散歩のダイエット効果を高める

脂肪を燃焼させるためには、30分以上は歩くようにしましょう。
ダラダラと歩いたり立ち止まったりする散歩ではダイエット効果が落ちてしまいます。
リズムよく、軽く息が上がるくらいで歩くとより効果が期待できます。

 

散歩のストレス解消効果を高める

自然の中を散歩すると森林浴の効果も加わりストレス解消に役立ちます。
できれば高層ビルの合間を散歩するのではなく、緑の多い公園などを散歩しましょう。
リズムを意識するとセロトニンの分泌を促すことができます。

 

散歩の肩こり解消効果を高める

肩こり解消のためには肩甲骨を意識して腕をふりましょう。
腕の角度を約90℃ぐらいにしてリズムよく歩くと肩こり解消に効果的です。

 

 

散歩の習慣を継続させるためのコツ

移動時間を利用する

散歩のためにわざわざ時間をとって遠出をするとなると、ハードルが上がってしまいます。
移動時間を利用して気楽に始めると散歩を継続しやすいです。

 

季節を楽しむ

季節ごとに変わる景色を楽しみながら散歩しましょう。
季節を意識すると次のシーズンも楽しみになり散歩を継続しやすくなります。

 

目的を明確にする

目的地を決めるとゴールが楽しみになり、散歩を続けやすくなります。
お気に入りの景色や気になるお店がある場所などをチェックして散歩を楽しみましょう。

 

 

散歩でストレスを緩和しよう

散歩にはストレス解消に役立つ効果があります。
道具も必要ありませんし、どこでも気軽に行えるところが魅力です。
日々の生活に散歩を取り入れてストレス軽減に努めましょう。
ぜひ楽しみながら取り組んでみてくださいね。


page top