職場のストレスの原因である人間関係を改善させよう

仕事の人間関係がストレスになりやすい理由は?対策法10個をご紹介

職場のストレス

「人間関係」は人生の悩み事として代表的なものの一つです。
その中でも、職場での人間関係はストレスになりやすいですよね。

 

そこで今回は、仕事の人間関係がストレスになる理由やストレス対処法などをご紹介します。
人間関係のストレスに早めに対処して快適に過ごすために、ぜひ参考にしてみてください。

 

仕事の人間関係がつらい?ストレスになる理由

仕事のストレスの原因の一つとして「職場での人間関係」があります。
なぜ仕事での人間関係がつらいと感じるのでしょうか?

 

職場の人間関係がストレスになる理由としては以下のようなことが挙げられます。

 

  • そりが合わない人がいる

気の合う仲間とだけ付き合っていればよかった学生時代とは違い、仕事では様々なタイプの人と関わらなければいけません。
苦手な上司、価値観が合わない同僚など「ちょっとこの人合わないな」と感じる人とも一緒に仕事をしなければいけないため、ストレスを感じることが増えます。

 

  • 上司や部下との関係

「上司」や「部下」といった緊張感のある立場関係は、ストレスを生みやすいものです。
とくに、直属の上司や部下とは日々関わらなければいけないので、関係が悪いとストレスになってしまいます。

 

  • 一緒にいる時間が長い

日本での一日の平均労働時間は、約8〜10時間。
睡眠時間を除いたら、家で過ごす時間より仕事での時間が長い人も多くいます。
一緒に過ごす時間が長ければトラブルも多くなり、人間関係の悩みも増えます。

 

  • 飲み会などの親睦会

会社の飲み会がストレスだという人は少なくありません。
お酒が苦手だったりコミュニケーションが苦手だったりした場合はストレスの原因になります。
とくに、気が合わない人がいるなど職場の人間関係がよくない場合はストレスが溜まってしまいます。

 

 

仕事の人間関係に悩んだときの対策法10個

職場の人間関係職場に気の合わない人や苦手な人がいるのはある程度は仕方のないことです。
とはいえ、人間関係の悩みをそのまま放置しておくのはよくありません。
体調を悪くしてしまう前に早めに対処することが大切です。

 

ここでは、仕事の人間関係の対処法をご紹介していきます。

 

仕事の人間関係対策法1:完璧主義にならない

「マイペースな人を見るとイライラする!」「サボっている人を見ると腹が立つ!」など、相手が自分と同じ熱量で仕事に取り組んでいないのを見てストレスを溜めていませんか?
「自分の考えが絶対正しい」と思っていると「相手が絶対間違っている」となり、ストレスが溜まります。
仕事への熱量や考え方は人それぞれ違いますし、取り組むペースも違って当然です。
完璧主義をやめて相手を許容することができると、気持ちが少ししラクになります。
「価値観は人それぞれ違うもの」と柔軟な考えを持つことは、ストレスを和らげることにもつながります。

 

仕事の人間関係対策法2:周りの目を気にし過ぎない

「相手に嫌われたくない」「皆に悪く思われたくない」と、周りを気にし過ぎて自分を追い込んでいませんか?
評価を気にし過ぎて許容範囲を超える仕事を引き受けたり、無理な付き合いに応じたりすることは、ストレスを溜める要因になります。
全ての人に好かれる必要もありませんし、そもそも周りはそれほど自分の行動を気にしていないかもしれません。
ストレスを抱える要因になりますので、勇気を出して無理な要望は断るようにしましょう。

 

仕事の人間関係対策法3:自分から挨拶する

挨拶は社会人の基本ですが、それができない状況だと、そういう自分が嫌になってしまいストレスを溜めてしまいます。
苦手な人や感じの悪い人がいたら、あえて自分から積極的に挨拶してみましょう。
挨拶しても相手に無視されてしまう場合でも自分自身のためになると思ったら続けてみましょう。
ただし、「毎回無視されて腹が立つ!」とストレスが増長しそうな場合はその人に挨拶するのはキッパリやめましょう。

 

仕事の人間関係対策法4:自分の仕事に集中する

職場の人と適度な距離をとり、自分の仕事に集中することも大事です。
仕事の目的は色々あるとは思いますが、目的の大部分は、「しっかりと仕事をして対価を得る」ということですよね。
ストレスになっている人間関係のことは忘れて、しっかりと仕事をやり遂げ、対価を得ることに集中しましょう。

 

仕事の人間関係対策法5:俯瞰して見る

職場の人間関係に嫌気がさしたときには、ぜひ俯瞰(ふかん)してみてください。
「俯瞰する」というのは、「高いところから見下ろして眺める」という意味。
「物事を広い視野で見る」といった意味合いがあり、人間関係を俯瞰して見ることは、ストレスの緩和に役立ちます。
職場の人間関係をお仕事系のドラマのシーンを見ているような気分で客観的な視野で考えてみましょう。
「俯瞰する」と、当事者でありながら当事者でないような感覚になり、イライラや怒りが少しおさまりますよ。

 

仕事の人間関係対策法6:プライベートで趣味を持つ

仕事の人間関係には関係ないように思えるかもしれませんが、プライベートで充実した楽しい時間が過ごせていると、職場でも気持ちが落ち着きます。
「このモヤモヤを楽しい趣味の時間で発散するぞ」と思えれば、相手に対するイライラも減ってくるものです。
趣味とまではいかなくても、週末に何か好きなことを用意するだけでも効果的です。

 

仕事の人間関係対策法7:信頼できる人と食事に行く

悩みを自分だけで抱え込まずに吐き出してしまうとスッキリしますよね。
信頼できる人に職場の人間関係の悩みを聞いてもらうことは、ストレスを溜め込まないために重要です。
後日、職場での人間関係でストレスを感じるようなことがあっても、「また今度話しを聞いてもらおう」と思うことで、気持ちがラクになります。

 

仕事の人間関係対策法8:配置換えを希望する

耐え難い人間関係が部署内である場合、配置換えを希望するのも一つです。
あまりに苦痛が大きいと、仕事で良いパフォーマンスができません。
環境を変えて気持ちを新たにしたほうがよい場合もあります。

 

仕事の人間関係対策法9:会社や機関に相談する

自分一人では対処しきれないこともあると思います。
同僚や後輩のことであれば上司に、直属の上司のことであれば会社の上層部に相談しましょう。
会社全体の問題であれば、公的機関に相談するのも一つです。
セクハラ、パワハラにあたるようなものは我慢する必要はありません。
一人で抱え込まず早急に周りに相談しましょう。

 

仕事の人間関係対策法10:転職する

「改善させるために色々と努力したけど、どうしても耐えられない」ということもあるかと思います。
心身ともに疲れ果ててこのままでは体調が悪くなるような場合は、転職するのも選択肢の一つです。
ただし、ちょっと苦手な人がいる程度の場合は、転職先でも同じような人に出会わないとも限りません。
慎重に考えてから行動しましょう。

 

 

仕事の人間関係のストレスは早めに対処をしよう

一日の中でも長い時間を過ごす職場での人間関係は、人生にとって重要です。
仕事の人間関係で思い詰めたり我慢しすぎたりするのはよくありません。
早め早めにストレスに対処し、心と体をラクにしましょう。


page top