セルフケアでストレスを和らげる

ストレスケアを意識して自分で上手にストレスを緩和させよう

ストレスケア

ストレス社会といわれる現代。
何かとストレスを感じる場面が多いですよね。

 

適度なストレスは人生のスパイスとして良い影響を与えてくれますが、ストレス過多は心身不調のもとに。
ストレスを溜めすぎないように日頃からストレスをケアしてあげることが大切です。

 

そこでこのページでは、自分で出来るストレスケアについてご紹介します。
ストレスケアの方法を知り、ストレス緩和にお役立てください。

 

ストレスについて知る

まずは、ストレスにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
ストレスとは、外部からの刺激(ストレッサー)によってもたらされる生体反応のことで、代表的なストレッサーには以下のようなものがあります。

 

化学的・生物的・物理的ストレス

  • 化学物質、花粉、騒音などによってもたらされるストレス

 

心理的ストレス

  • 不安、怒り、悲しみなどの心理的なものによってもたらされるストレス

 

社会的ストレス

  • 職場のトラブル、家庭環境、恋愛事情など、人間関係によってもたらされるストレス

 

 

ストレスと聞くと一般的にはネガティブな意味合いが強いですが、ストレスが良い影響を与えてくれる場合もあります。
ストレスは心身に不快な影響を与えるものであり、悪いことばかりのような気がしますが、適度なストレスは「向上心アップ」など良い刺激を与えてくれるのです。

 

問題となるストレスは、その度合いが過剰になること。
ストレスが過剰になると、「自律神経の乱れ、胃腸障害、不眠、頭痛、肩こり、心身症」といった心身の不調を招いてしまいます。

 

やはり、ストレスが過剰になる一歩手前で対策をとっておくことが重要になりますね。

 

 

ストレスケアとは

「ケア」という言葉には「世話する、配慮する、対処する、手入れする、管理する」といった意味があります。
つまり、「ストレスケア」とは、ストレスを管理して対処してあげることをいいます。
一時的なストレス発散などと違い、日常的にストレスに対してケアしてあげるのがポイントです。

 

ストレスケアは医療機関で受けることもできますが、日常的に通うことができない人も多いかと思います。
そこで、日ごろから自分自身でストレスをケアしてあげることが重要になるのです。
普段からストレスをセルフケアすることは、健康的な生活の維持に役立ちます。

 

自分でストレスに対処するストレスセルフケアを日常的に行いましょう。

 

 

具体的なストレスケアの方法

一時的にストレスを発散するだけでなく、日々の生活の中でストレスをケアをしてあげることが大切です。
ここては、具体的にどのようなストレスケアの方法があるのかご紹介していきます。

 

ストレスケアの方法:認知

自分の考え方の癖を知ることは、ストレスケアには重要なポイントです。
「メタ認知」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
メタ認知とは、自分の認知を客観的に認知すること。
自分を客観的に俯瞰してみることは心の安定にも有効です。
そしてセルフコントロールができるようになると、ストレスケアの能力が格段に上がります。
メタ認知に関する書籍などもたくさん出ていますので、それらを参考にしてみるのもおすすめです。

 

ストレスケアの方法:栄養

必要な栄養が不足する日が続くと、ストレスが溜まりやすくなります。
偏った食事をしていると些細なことでイライラしたり疲れやすくなったりします。
毎食栄養バランスの整った食事をすることが難しい場合でも、1日を通して栄養素にバラつきがないか確認しましょう。

  • ストレス対策に良いといわれる栄養素

・ビタミンC
・ビタミンB群
・トリプトファン

 

参考:ストレス軽減に役立つ食べ物

 

ストレスケアの方法:運動

過度な運動はストレスを溜める要因になってしまいますが、適度な運動はストレスケアになります。
おすすめはリズム運動。
リズム運動とは、一定のリズムで繰り返す運動のことです。
筋肉を緩めたり緊張させたりを繰り返すリズム運動は、脳を活性化させ、ストレス緩和に繋がります。

 

参考:リズム運動

 

ストレスケアの方法:睡眠

睡眠不足の状態が続くと、人はストレスを感じイライラしやすくなります。
質の悪い睡眠は自律神経の乱れを起こしやすくし、様々な心身の不調を招きます。
良質な睡眠は心身の回復に非常に重要です。
お気に入りの睡眠グッズを活用するなど、良質な睡眠を心がけましょう。

 

参考:おすすめの安眠グッズ

 

ストレスケアの方法:趣味

日頃からストレスを解消させる機会を積極的に持つことはストレスケアになります。
忙しい毎日で溜まったストレスは、定期的な趣味で緩和させましょう。
自分が心地よく楽しめる趣味を見つけてストレスを上手にケアしてください。

 

参考:ストレス解消におすすめの趣味

 

 

 

ここまで、おすすめのストレスケアの方法をご紹介してきました。

 

日頃からストレスを自身でケアすることは大事なことですが、自分一人では抱えきれないようなストレスもあるかと思います。
そのような場合は一人で抱え込まずに、身近な信頼のおける人に相談しましょう。
近くに相談できる人がいない場合は、公的な相談機関もありますので自分に合いそうな機関を探してみましょう。
自分一人だけで頑張らず、誰かに頼ってみることもストレスケアには大切なことです。

 

 

上手にストレスをケアしよう

今回はセルフストレスケアについてご紹介しました。
ストレス社会の現代、私たちはストレスと上手く付き合っていかなければなりません。
日常的にストレスケアを意識して、ストレスが溜まる前に上手に緩和させるようにしましょう。


page top