地中海食とは?健康効果について解説

地中海食の健康効果とは?無理なく取り入れてストレスを緩和しよう

地中海食

地中海食とは、その言葉通り、地中海沿岸の国に暮らす人々が食べている食事スタイルのことです。

 

近年、この地中海食の健康効果が注目され、ダイエットや認知症対策などにも活用されています。

 

健康的な食生活はストレス対策にも重要。

 

そこで今回は、地中海食の特徴や健康効果について詳しく解説します。

 

 

地中海食とは

地中海食とは、冒頭でも述べた通り、イタリア、スペイン、ギリシャといった地中海沿岸諸国の伝統的な食事のことです。

 

牛肉や豚肉などのお肉が少な目で、魚介類、豆類、穀類、乳製品、野菜、果物をバランスよく取ることができるのが地中海食です。

 

また、オリーブオイルをたっぷり使い、適量のワインをいただきながらゆっくり食事をとるスタイルが特徴となっています。

 

「地中海食ダイエット」という言葉があるようにダイエット効果が期待できたり、近年では認知症対策にも効果があるといわれたりしています。

 

 

地中海食の健康効果

様々な健康効果があるといわれている地中海食ですが、ここでは具体的な健康効果について解説します。

 

地中海食の効果1:健康寿命を延ばす

地中海食が健康寿命を延ばしてくれるといわれている理由としては、まず、肉よりも魚介類を多く使うことが挙げられます。
肉には摂り過ぎると健康に害を与える飽和脂肪酸が多く含まれていますが、地中海食では肉の摂取頻度が低いため飽和脂肪酸の摂りすぎを防げます。
そして、抗酸化力の高い食品を多く摂取している点も健康的な食事といわれている理由の一つです。
抗酸化作用の高い野菜や果物、ナッツ類、不飽和脂肪酸が多く含まれるオリーブオイルをよく使用します。
また、食事と一緒に摂る赤ワインには抗酸化作用の高いポリフェノールがたっぷり含まれています。

 

 

地中海食の効果2:認知症の予防

地中海食には認知症予防に役立つ栄養素が多く含まれています。
青魚に含まれるDHA、オリーブオイルに含まれるオレイン酸、赤ワインに含まれるポリフェノールなどは、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドベータが脳に沈着するのを防ぐ働きがあるといわれています。
オリーブオイルを与えたマウスのほうが認知機能が高かったという研究結果もあります。

 

 

地中海食の効果3:ダイエット効果

低糖質ダイエットはもはや定番のダイエット法となっていますよね。
まさに、地中海食も低糖質であることからその効果が期待できます。
地中海食には、全粒粉などの未精製の穀物や糖質の低いナッツ類や豆類がよく使用されいます。
脂質もオリーブオイル、ナッツ、アボカドなど、太りにくい良質な油を摂取します。
デザートについてもケーキや菓子類ではなく果物を多く摂るため、糖質を控えることができます。

 

 

地中海食の取り入れ方

日本食も地中海料理と同じく魚介をたくさん使うので健康に良いといわれています。
しかし、日本食で気を付けなければならないのが塩分です。
塩分の摂取量に気を付けながら日本食を取るとともに、積極的に地中海食も取り入れていきましょう。

 

地中海料理と聞くと、何だかハードルが高いように感じる方が多いかもしれません。
しかし、スーパーで簡単に手に入るような食材でも手軽に作れますし、料理工程も簡単でラクなものが多いです。

 

なかでもアクアパッツァはおすすめの地中海料理。

 

オリーブオイルでお好みの白身魚に焼き目をつけたら、あさりなどの貝類、にんにく、ミニトマトやブロッコリーなどの野菜を入れます。
あとは白ワイン(料理酒でも)を回し入れフタをして蒸すだけ。
とっても簡単で栄養価抜群です。

 

また、サラダ用、炒め物用と様々なオリーブオイルを使い分けして楽しむのもおすすめです。

 

そして、赤ワインを適度にいただきながら、ゆっくりと食事をとる。
食事内容だけでなくこういった時間を意識的に設けることもストレス緩和には大切ですね。

 

 

無理なく地中海食を取り入れよう

ダイエットや健康の為に良いからといって厳しい食事制限をすることは、ストレスを溜めてしまう原因に。
無理なく地中海食を取り入れてストレス緩和に努めましょう。


page top