ストレスと脳腸相関について

脳腸相関とは?ストレスと脳腸相関について

脳腸相関

脳腸相関という言葉をご存知ですか?

 

脳と腸は密接な関係にあって、互いに影響を及ぼしていることを表す言葉です。

 

具体的にはどのように関係しているのでしょうか?
今回は、この脳腸相関について詳しく見ていきます。

 

腸は第二の脳!腸は単なる消化器官の一つではない!

私たちの体は、母親の胎内の受精卵という1個の細胞から始まって次々と増えていきます。
そして、最初に出来上がるのが「腸」です。
腸は、独自の神経ネットワークを持っていて、脳からの指示がなくても消化という機能を果たすことができます。
腸が第二の脳と呼ばれる理由ですね。
腸は単なる消化器官の一つではなく、自律神経を整えたりホルモンの分泌をしたりするのです。

 

また、腸は独立して機能する一方、自律神経を通して、脳と影響を及ぼし合っていることもわかっています。

 

脳と腸が影響し合っていると言われる例

 

細菌性腸炎などに感染すると脳で不安感が増すという報告や、食欲を感じるのは腸から放出されるホルモンが関係しているなどの報告があります。

 

緊張しておなかが痛くなるのは、脳がストレスを感じたことが腸に伝わり、腸内のバランスを崩すためだと言われています。

 

うつ状態や精神障害に悩んでいる人たちに胃腸の不調を訴える人が多いのも、腸と脳の関係の深さによるものと言われています。

 

 

また、感情のコントロールに重要な「セロトニン」の前駆物質(その物質ができる前段階の物質)も腸内にたくさん存在しており、脳と腸は密接な関係にあります。

 

 

脳や腸と密接に関わる自律神経ってなに?

前述の通り、腸と脳は自律神経を通して、影響し合っていることがわかっています。

 

この自律神経とは、具体的にどのような働きをするものなのでしょうか?

 

自律神経は、自分の意思とは関係なく自動的に働く神経で、数多くの内臓器官に関わる重要な神経のことです。

 

神経は、体に張り巡らせれている細胞や組織と連結を取り合うネットワークのことで、情報を伝達する役割があります。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

  • 交感神経

心身を活発化させ、興奮しているときに優位になる神経。
「昼の神経」ともいわれています。
ストレスを感じたり運動したりするときに活発に働きます。

  • 副交感神経

リラックスしているときや睡眠をとっているときに優位になる神経。
「夜の神経」ともいわれています。
食事をとっているときに内蔵や器官をリラックスさせ、消化を促進する働きがあります。

 

 

交感神経と副交感神経は、よくアクセルとブレーキの関係やシーソーなどに例えられます。
互いに協調しながら様々な器官を調節しているのです。

 

そして、自分の意志とは関係なく、この2つの神経が使い分けられています。

 

しかし、過度なストレスホルモンの分泌不良などが起こると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて様々な不調が出てきてしまいます。

 

ストレスが続くことにより、交感神経が常に高ぶった状態になっていると、副交感神経が優位にならずバランスを崩してしまうのです。

 

また、ホルモンの分泌不良になると、自律神経のバランスが乱されてしまいます。

 

心身の不調を防ぐためには、自律神経のバランスを崩さないようにすることが大切です。

 

ストレス緩和のためには、腸のケアをすることが大事!

ヨーグルトのイラストです自律神経のバランスを崩さないためには、何ができるでしょうか?

 

やはり、脳と密接な関係にある腸のケアがポイントになります。

 

腸のケアとは何かというと、腸内環境を良好に保つということです。

 

そのためには、腸内細菌のバランスを良くしてくれるプロバイオティクスプレバイオティクスをとることが大切です。
プロバイオティクスとは、善玉菌が多く入っているもののことで、プレバイオティクスとは、善玉菌の働きを活性化させてくれる物質のことです。

 

また、脳内のセロトニンを増やすために、セロトニンの原材料であるトリプトファンをしっかりと摂取することも重要になります。
トリプトファンは、多くの食品に含まれているので、バランスの良い食事をしていれば摂取することが可能です。

 

しかし、いくらトリプトファンを摂取しても腸内細菌がバランスよく存在しないと、脳内のセロトニンは増えてくれません。

 

また、セロトニンの分泌に必要なビタミン(ビタミンB6、ナイアシン、葉酸など)も、腸内細菌によって合成されます。

 

これらのことからも、プロバイオティクスやプレバイオティクスを積極的に摂取して、腸内環境を良好に保つことがいかに重要なのかが分かります。

 

最近では、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取して、効果的に腸内環境の改善を促進するシンバイオティクスという言葉も聞かれます。

 

ヨーグルトや発酵食品などのプロバイオティクスと、オリゴ糖や食物繊維などのプレバイオティクスをとって、効率的に腸内の善玉菌を増やせるといいですね。

 

 

また、腸の働きを活発にするために、ウォーキングなどの軽い運動も大切です。

 

 

やはり、腸と脳の健康にはバランスの良い食事適度な運動が欠かせないということになります。

 

脳腸相関を意識してストレスに強くなろう

今回はストレスと脳腸相関について書かせていただきました。
腸が元気だと脳も元気になります。
腸に良い生活を心がけて、ストレスに強い元気な脳にしたいですね。


page top