ビフィズス菌と乳酸菌の違いを解説

ビフィズス菌と乳酸菌はどっちがよい?ストレス緩和に重要な善玉菌

善玉菌_ヨーグルト

脳腸相関という言葉があるように、腸の健康を保つことは脳にとって重要です。
そして、腸内環境を良好にするためには腸内の善玉菌を増やすことが大切。
ストレス緩和に関わる脳内物質「セロトニン」を増やすのにも善玉菌の助けが必要です。

 

今回は、この重要な善玉菌の代表であるビフィズス菌と乳酸菌について詳しく見ていきます。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

ビフィズス菌と乳酸菌は、アレルギーの緩和や腸内環境を整えるなど、ヒトに良い影響を与えてくれる腸内細菌です。
この2つは同じ善玉菌ではありますが、菌の形や特徴、生息場所などが異なります。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは以下の通りです。

 

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸を産生する菌の総称です。
酸素があると生きていけないため、ヒトの大腸に多く生息しています。
腸内に生息しているビフィズス菌の数は約1〜10兆個。
大腸の善玉菌の割合は、ビフィズス菌が99%を占めています。
ビフィズス菌が産生する酢酸は殺菌力が強いため、悪玉菌の繁殖を抑えたり病原菌を抑制したりする働きがあります。
生後間もない赤ちゃんの腸内細菌は99%がビフィズス菌ですが、年齢を重ねるたびにその数は減っていきます。

 

 

乳酸菌

乳酸菌は糖を分解して主に乳酸を産生する菌の総称です。
酸素がある場所でも生きていくことができ、腸管のほかに発酵食品の一部や乳製品、自然界にも生息しています。
腸内にいる乳酸菌の数は、約1億〜1000億個。
乳酸菌からつくられる乳酸は、腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌どっちが健康にいいの?

腸内フローラ私たちが口にした食べ物は、胃液によって細かくペースト状にされ、少しずつ小腸に送られます。
そして、食べ物の消化と吸収はほとんどが小腸で行われます。
大腸では小腸で吸収できなかった栄養素、水分、ミネラルなどが吸収され、不要な老廃物と毒素を便として排泄します。

 

小腸や大腸の善玉菌が不足して悪玉菌が優位になると、それぞれの働きが阻害されてしまい、消化や吸収、排泄がうまくいかなくなります。

 

ビフィズス菌は酸素に弱いため、酸素がほとんどない大腸に生息しています。
一方、乳酸菌は酸素に強いので、酸素がある小腸にも多く棲みついています。
つまり、小腸、大腸それぞれの環境を良好に保つためには、乳酸菌とビフィズス菌の両方を摂取することが大切です。

 

 

ところで、「生きた菌を摂っても腸内には定着せず、排泄されてしまうので意味がない」という話を聞いたことはありませんか?
しかし、これらの菌の摂取は意味がないことではありません。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内を通過するときに乳酸や酢酸を生成して悪玉菌を抑制してくれます。
腸内で善玉菌にとって優位な環境を作り出してくれるのです。
また、生きた菌も死んだ菌も善玉菌のエサになります。

 

例え腸内に定着せずとも、腸内を通過するときにしっかり仕事を果たしてくれるので、乳酸菌やビフィズス菌の摂取はムダにはなりません。

 

 

ということで、「ビフィズス菌と乳酸菌はどっちが健康にいいか?」の結論は、「どちらも腸の健康には有益」ということになります。
ビフィズス菌と乳酸菌のどちらも積極的に摂って、腸内環境を良好にしていくことが大切です。

 

 

自分に合っている菌種はどうしたら分かる?

ビフィズス菌や乳酸菌といっても、その中でもたくさんの種類がありますよね。
どの菌種を摂ったらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

研究が進んで、自分の腸内フローラが簡単に分かるようになればいいのですが、それはまだ先になりそうです。
ですので、やはり自分の症状に合わせて菌種を選ぶ方法がよいでしょう。
一般的には、小腸には免疫細胞がたくさん集まっているため免疫力を高めたい場合は乳酸菌を、便秘や下痢などに悩んでいる場合はビフィズス菌を積極的に摂ると効果的だと言われています。
それぞれの菌種によってメインの効能が少しずつ違っていますので、そちらを確認するといいですね。

 

しかし、ヒトの腸内細菌は千差万別ですし、絶対にコレを摂ればいい!というわけにはいきません。
摂取してすぐに効果が出るものでもありませんので、2週間以上は継続するなどして効果を確かめるのがよいでしょう。

 

 

オリゴ糖や食物繊維で効率的に善玉菌を増やそう!

シリアルどの菌種が自分に合っているか分からないし、色々試している時間がない!という方は、善玉菌のエサになるオリゴ糖の摂取をおすすめします。
オリゴ糖はすべての善玉菌のエサになるので、腸内の善玉菌を効率良く増やすことができるのです。
また、食物繊維も善玉菌のエサになりますので、積極的に摂取しましょう。

 

しかし、オリゴ糖や食物繊維を摂っていれば大丈夫かといえばそうではありません。
悪玉菌を増やすような生活をしていては効果が得られませんので、肉などの高たんぱく高脂質の多量摂取には気を付けましょう。

 

腸には精神の安定に重要なホルモン「セロトニン」の前駆物質「5HTP」がたくさん存在しています。
この「5HTP」は、善玉菌が合成するビタミンなどがないと腸から脳に運ばれません。

 

善玉菌優位な腸内環境にして、心と身体の健康に努めましょう。

 

 

ビフィズス菌も乳酸菌もどちらも大事

今回は、ビフィズス菌と乳酸菌の違いについてご紹介しました。
ビフィズス菌と乳酸菌はどちらもヒトに良い影響を与えてくれる菌です。
上手に取り入れて、ストレスの少ない健康な腸にしていきたいですね。


page top