腸内細菌とストレスの関係

腸内細菌のバランスとストレスの関係

腸内細菌

「腸脳相関」という言葉をご存知でしょうか。
腸と脳が互いに影響し合っていることを示す言葉です。
不安や緊張でおなかが痛くなるなど、脳からのストレスが腸に伝わることはよく知られていますが、最近の研究では腸から脳へも情報が伝達されることがわかってきました。
つまり、腸内細菌が脳へ影響を及ぼすことが明らかになったのです。
例えば、過敏性腸症候群は、腸内フローラの乱れにより腸から脳の情報伝達に異常が生じているといわれています。また、腸内細菌が神経伝達物質である「GABA」を産生したり、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の生成に関与したりすることもわかってきました。このように、腸内細菌は脳内の神経伝達物質に影響を与えると考えられます。

 

「腸の中のお花畑」腸内フローラとは?

人の腸内には100兆個、1000種類以上の腸内細菌が住んでいます。腸内細菌は、種類ごとに群れを成して生息しており、その様子がお花畑(flora)のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。
腸内では、からだに良い働きをしてくれる「善玉菌」と、からだに悪い影響を及ぼす「悪玉菌」、良い働きも悪い働きもする「日和見菌」が共生しています。
善玉菌には、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」、悪玉菌には、「病原性大腸菌」や「ブドウ球菌」、「ウェルシュ菌」などがあります。
日和見菌は、善玉菌が優勢であれば悪さをしませんが、悪玉菌が優勢になると悪玉菌を増殖させる菌です。
善玉菌は腸内を弱酸性に保って、悪玉菌の繁殖を抑えます。
悪玉菌は腐敗臭のするガスを発生させ、発がん物質を作ることもあります。
これらの腸内細菌の種類は人によって異なり、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のバランスは、生活習慣や年齢によって変わってきます。

 

理想の腸内細菌バランス

理想の腸内細菌のバランスは、「善玉菌:20%、悪玉菌:10%、日和見菌:70%」です。
つまり、健康のためには悪玉菌よりも善玉菌が優位な腸内環境にすることが大切です。
しかし、食生活の乱れなどによって腸内環境が悪化し、理想的なバランスを維持できていない人が少なくないのが現状です。
腸内細菌のバランスが崩れると、便秘や下痢、臭いおならが出るなど、おなかの調子が悪くなってしまいます。
その他にも肌荒れや心が不安定になるなどの心身の不調が出てきます。

 

腸内細菌のバランスが崩れる原因と対策

腸内細菌のバランスが崩れる要因には、乱れた食生活や抗生物質の乱用、ストレスや加齢などがあります。
それでは、崩れたバランスを正常な状態に戻すにはどうしたらよいのでしょうか。
やはり、一番に挙げられるのは、「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」を摂ること。
「プロバイオティクス」とは、ビフィズス菌や乳酸菌などの有益な菌を腸に直接届けるもののことです。「プレバイオティクス」は、オリゴ糖や食物繊維など、善玉菌のエサになるものです。
また、悪玉菌を増やさないようにすることも大切になります。
悪玉菌は肉類のタンパク質をエサにして有害物質を出すので、肉類中心の食生活をしている人は注意が必要です。
ストレスをため込むのも悪玉菌を増殖させますので、趣味や軽い運動などでストレスを発散することを心がけましょう。

 

脳と腸の関係は大切

腸内環境の悪化はストレスを引き起こします。
ビフィズス菌や乳酸菌などの「プロバイオティクス」とオリゴ糖や食物繊維などの「プレバイオティクス」を摂って腸内環境を良好に保つことが、ストレスの緩和に繋がります。
積極的に摂取して腸と同時に脳の状態も良好になるように努めましょう。


page top