オルゴール療法とは?ストレス緩和効果について

オルゴール療法の癒し効果とは?脳幹を刺激する高周波音について解説

オルゴール

「オルゴール療法」という言葉はご存知でしょうか?

 

オルゴール療法とは、オルゴールの音色がもつ幅広い周波音によって心身の不調を改善し、健康を取り戻していこうというものです。

 

森の中にいると鳥のさえずり、虫の声、川のせせらぎなどの自然音にとても癒されますよね。

 

オルゴールの響きにもこの自然音と同じ癒し効果があるといわれているのです。

 

今回はこのオルゴール療法の癒し効果について詳しく見ていきたいと思います。

 

オルゴール療法は音楽療法のひとつ

ピアノを弾いている写真音楽療法は、音楽を用いて心身の不調の改善をはかることを目的とした治療法のことです。

 

音楽を聴いたり演奏をしたりすることで、リラックス効果やコミュニケーション能力の向上、ストレスや不安感の軽減などを目指します。

 

音楽療法は、介護や教育などの分野でも数多く取り入れられていますね。

 

オルゴール療法も音楽療法の一種であり、心身の不調を改善する療法の一つとして注目されています。

 

 

低周波数と高周波数

周波数の画像オルゴール療法の効果を語るのに、音の「周波数」の話は避けて通れません。

 

そこでまず、音の周波数について確認したいと思います。

 

音波は振動によって空気中に伝わる波のこと。

 

そして1秒間あたりの振動回数を表したものが周波数(Hz:ヘルツ)です。

 

音の高さはこの周波数で表すことができ、数値が小さければ低い音に、数値が大きければ高い音になります。

 

人間の耳に聞こえる音の範囲のことを可聴域といいますが、この可聴領域は周波数20Hz(ヘルツ)〜2万Hzといわれています。

 

ちなみにコウモリやイルカは超高周波音が聞こえるそうです。

 

ゾウは超低周波を使って何キロも先の仲間と会話することができます。

 

私たち人間は、イルカやゾウのように2万ヘルツ以上、20ヘルツ以下の振動音を聞くことはできませんが、耳に聞こえていなくても振動は体に伝わっています

 

人は本来、自然音のような高周波音の中で正常に暮らせるようにできているのです。

 

虫や鳥の鳴き声などの自然音には2万ヘルツ以上の高周波が含まれていますが、人間は森林にいるとき、体でこの高周波音を感じ取っているのですね。

 

自然の中にいると心がやすらぎリラックスできるのにはこういった理由があったのです。

 

 

オルゴール療法の効果とは?

オルゴールの周波数

オルゴールの写真ですオルゴールの周波数は、人間の可聴領域を超える超低周波から超高周波までの幅広い周波数です。

 

オルゴールの幅広い周波数は、脳幹を刺激して自然治癒力を高めてくれます。

 

人間の可聴領域を超えるオルゴールの周波数は、耳で聞き取ることができなくても脳の奥では感じ取ることができます。

 

つまりオルゴールは、聴覚のみでなく五感で感じられる周波数を持っているということですね。

 

そしてオルゴールの周波数は、弁数が多いほど音の数が増えるので幅広いものになります。

 

 

オルゴールの1/fゆらぎについて

川のせせらぎ写真「1/fゆらぎ」という言葉は聞いたことがありますか?

 

扇風機の設定などでもよく見かけますが、1/fゆらぎとは規則的のようで不規則的でもあるようなゆらぎの状態のこと。

 

このゆらぎは、自然界のリズムによくあるもので、私たち人間にとって心地よいゆらぎ具合なのです。

 

例えば、「川のせせらぎ」「そよ風」「打ち寄せる波」「ろうそくの炎」「心臓の動き」などが1/fゆらぎに該当します。

 

オルゴールの振動にはこの1/fゆらぎのような心地よさがあるといわれています。

 

 

具体的にどのような改善が見られるの?

上述の通りオルゴールの幅広い周波数は脳幹を刺激します。

 

そして、自然音に近いオルゴールの音色はストレスを軽減し、心身の不調を和らげてくれる効果があります。

 

超高周波の音源を聴いたときに脳機能が活性化されることがわかっており、具体的に以下のような効果が確認されています。

 

  • 自律神経を整える
  • ホルモンの分泌を正常にする
  • 免疫機能を強化する
  • ストレスを軽減する
  • 認知機能を強化する
  • 安眠効果

 

 

オルゴール療法に適しているオルゴールは?

オルゴールの写真オルゴール療法として効果が期待できるといわれているのは低周波から高周波まで含まれる72弁以上のオルゴールです。

 

なぜかというと、72弁以上でないと深い森林に存在するような自然界の周波数が出ないからです。

 

弁が多く付いていると超低周波から超高周波までの周波数を発生させることが可能になります。

 

やはり、オルゴール療法の効果を得るためには、低周波(3.75Hz)から高周波(約10〜20万Hz)まで周波数をきちんと測定した専用のオルゴールを選ぶとよいですね。

 

オルゴールの音色が収録されたCDは、人間の可聴域以外の周波数が記録されていないので、オルゴール療法としての利用は適していません。

 

オルゴールCDはオルゴール療法としてでなく、聴覚からのリラックス目的で利用するとよいですね。

 

【深い音色が出せるスイス製の72弁オルゴール】

 

 

脳幹に直接作用しなくとも気軽にオルゴールの音色を楽しみたい!という方には以下のCDがおすすめです。

 

【オルゴールの音を録音したCD】

 

 

弁の数は少ないですが、安価で見た目にも可愛らしいオルゴールもあります。

 

可愛いオルゴールの紹介ページはこちら

 

 

 

そして最後に注意点があります。

 

それは、「オルゴール療法」の効果には個人差があるということ。

 

これをすれば必ず良くなる!というものではありません。

 

心身の不調が続くときには医療機関にきちんと相談するようにしましょう。

 

 

オルゴール療法でストレス緩和を

今回はストレス緩和効果のある「オルゴール療法」についてご紹介しました。
とくに都市型の生活は高周波を感じる機会が少なく、ストレスがたまりやすい環境。
心身をリラックスさせるのにオルゴールの音色を役立ててみてくださいね。


page top