自律神経を整える音楽や方法について

自律神経を整える方法とは?癒しの音楽CDのおすすめもご紹介

癒しの音楽のイメージ写真

最近、自律神経失調症という言葉をよく耳にしますよね。
自律神経失調症とは、過度のストレスや生活習慣の乱れにより自律神経のバランスが崩れ、心身の不調が現れることです。

 

ストレス社会と言われる現代は、自律神経のバランスが乱れがち。
ストレスを緩和させるには自律神経を整えてあげることが大切です。

 

そこで今回は、自律神経とは何か自律神経のバランスを整えるにはどうしたらよいかストレスを緩和させるのに効果的な癒しのCDなどをご紹介します。

 

自律神経ってなに?

自律神経とは、言葉の通り自動的に働く神経です。
例えば、消化、ホルモン分泌、体温調節、汗の分泌、心拍などは自律神経の働きによるもので、「これから消化をするぞ」とか「ホルモンをたくさん分泌しよう」などと自分の意思で行うことはできません。

 

つまり、自律神経とは自分の意志とは関係なく機能する器官を自動的に調節している神経のことになります。

 

自律神経は交感神経副交感神経という2種類で構成され、心身のバランスを保っています。

 

よく交感神経は車のアクセル、副交感神経は車のブレーキに例えられますが、具体的には以下のような働きがあります。

 

交感神経

日中など活発に活動しているときや興奮しているときに働く神経が交感神経です。
交感神経が優位になっているときは呼吸や鼓動は早くなります。
脳は興奮している状態で、エネルギーをたくさん消費します。

 

副交感神経

副交感神経は睡眠中などゆったりとリラックスしているときに働く神経です。
副交感神経が優位なときは、心拍数が減りリラックスして眠くなります。
逆に活発になるのは胃腸の分泌で、腸の蠕動活動や消化液の分泌を亢進させます。

 

 

自律神経が乱れる原因と諸症状

心身の不調のイメージ自律神経が乱れたときに起こる諸症状やその原因についてみていきましょう。

 

自律神経が乱れる原因

  • ストレス

適度なストレスは交感神経を適度に刺激してくれるよいストレスです。しかし、不安や緊張状態が続いているなど過度のストレスは自律神経のバランスを崩してしまいます。
人間関係の悩み、過労、騒音など、精神的ストレスや身体的ストレスが自律神経のバランスを乱す要因になります。

 

  • 睡眠不足

睡眠が不足すると副交感神経を優位にする時間を確保できずに自律神経を乱してしまいます。
睡眠時間を確保できていても極端に眠りが浅いなど、良質な睡眠がとれていない場合も同様です。

 

  • 不規則な生活習慣

暴飲暴食や昼夜逆転の生活をしているなど生活のリズムが崩れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、自律神経のバランスも乱れてしまいます。

 

  • 生理不順や更年期障害

女性ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部は自律神経の制御も担っているため、お互いに影響を受けやすくなっています。

 

 

自律神経の乱れによる症状の例

  • 疲労感
  • イライラ
  • 胃腸の不調
  • 動悸や息切れ
  • めまいや頭痛
  • 肩こりや関節痛
  • 睡眠障害
  • 皮膚疾患
  • 便秘や頻尿
  • 生理不順

 

 

自律神経を整える方法とは?

人の健康は交感神経と副交感神経の両者がバランス良く働くことによって保たれています。
しかし、現代人は睡眠不足や緊張状態が続くことが多く交感神経が働きがちな生活環境。
副交感神経を優位にする時間をしっかりと確保してあげることが大切です。

 

以下に自律神経の機能を高めるためのおすすめの方法を7つご紹介します。

 

 

1.良質な睡眠

睡眠不足では副交感神経が優位になる時間が減ってしまいます。
胃腸の働きも鈍くなるため、自律神経を整えるにはしっかりと良質な睡眠をとることが大事です。

 

安眠グッズの紹介ページはこちら

 

2.リズム運動

激しい運動は心臓などに負担がかかり急激に交感神経優位な状態になります。
一方で軽めの運動は交感神経を適度に刺激するため自律神経を整えるのに適しています。
おすすめはウォーキングなどの軽めのリズム運動です。

 

リズム運動に関する記事はこちら

 

3.朝日を浴びる

交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいかないと心身に不調が現れます。
スッキリと目覚めるために、朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう。
日光浴は幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促し、自律神経を整えてくれます。

 

セロトニンに関する記事はこちら

 

4.入浴

湯舟にゆったりと浸かると副交感神経が優位になりリラックスできます。
良質な睡眠を促す効果もあるので、入浴は自律神経の機能を高めるのに最適です。
熱すぎるお湯は交感神経を急激に刺激することになるので注意しましょう。

 

癒しのバスグッズの紹介ページはこちら

 

5.腸内環境を整える

脳腸相関という言葉があるように腸の健康は脳にも影響を及ぼします。
腸内環境が悪いと自律神経の働きが悪くなるため腸内環境のバランスを整えることが大事です。
暴飲暴食を避けるとともに、食物繊維や乳酸菌、善玉菌のエサになるオリゴ糖の摂取を心がけましょう。

 

腸内細菌に関する記事はこちら

 

6.森林浴

樹木から出ている「フィトンチッド」には自律神経を安定させ気持ちを落ち着けてくれる効果があります。
また、小鳥のさえずりや川のせせらぎ音などもストレスを軽減し心身をリラックスさせてくれます。
このように森林浴は副交感神経の働きを高めて自律神経を整える効果が期待できます。

 

森林浴に関する記事はこちら

 

7.音楽

「ヒーリング音楽」という言葉があるように、心地よい音楽を聴くと心が落ち着きます。
癒される音楽は、脳の興奮状態をしずめて交感神経優位に偏った状態をリラックスモードに切り替えてくれます。
意識的に副交感神経優位な状態を作ることで自律神経を整える効果が期待できます。

 

 

自律神経を整える音楽CD

それでは、自律神経を整えるのにおすすめな癒しのCDをご紹介します。

 

自律神経にやさしい音楽

専門医監修のもとに制作された自律神経のバランスを整えるセラピーCDです。
自律神経に働きかけて心身の疲労を緩和させてくれる効果が期待できます。

 

免疫力活性のための音楽

免疫学の権威監修のもとに制作された自律神経のバランスを整えて自然治癒力を高める音楽です。
水が流れる音やや小鳥のさえずり音など、リラックスできる音楽が副交感神経を優位にしてくれます。

 

森のオルゴール2

オルゴールのα波が心身をリラックスさせ自律神経を整えてくれるヒーリングCDです。
こちらのオルゴールCDには人気のジブリとディズニーの曲が収録されています。
小さなお子さんの寝かしつけなどにも最適ですね。

 

自律神経のバランスを整えるように心がけよう

このページでは自律神経を整える方法やおすすめのCDなどをご紹介しました。
日頃から自律神経のバランスを整えるように心がけ、ストレス緩和に役立てたいですね。


page top