虹が出る条件について解説

虹が出る条件とは?虹色の順番や数についても紹介

虹の写真です

「雨上がりにふと空を見上げるときれいな虹が!」こんな場面に遭遇すると、幸せな気持ちになりますよね。

 

「なんだか良いことがありそう!」と、嬉しくなりませんか?

 

噴水やホースの水なんかでも虹が見えることがありますが、雨上がりに出現した大きな虹を見たときには、やはりラッキーな気分になりますよね。

 

私たちを幸せな気持ちにしてくれる虹ですが、そもそもなぜ虹が見えるのでしょうか?

 

 

ということで、虹が出る仕組み虹が見えるための条件を調べてみました。

 

 

 

<虹が出る仕組み>

 

プリズム(ガラスなどでできた三角形の角柱)に太陽光(白色光)を通すと屈折によって様々な色に分光されます。
虹が発生するのもこの仕組みと同じです。
プリズムのような形の水滴が太陽光に当たると、7色に分光されて虹のように見えるのです。

 

簡単に言うと、虹は、空気中にある水滴と太陽の光によって発生するということですね。

 

しかし、水滴と太陽光さえあれば虹がきれいに見えるのかと言うと、そうではありません。
きれいな虹が出現するには、ほかにも条件があります。

 

 

 

<虹が見えるための条件>

  • 粒の大きな水蒸気が空気中にあること

ある程度の大きさの水滴がなければ光の屈折が起きず、きれいな虹が見えません。

 

  • 雨上がりに急激に晴れること

大きな粒の水蒸気が空気中にあるうちに、強い太陽光が差し込まないと、虹は発生しません。

 

  • 太陽の高さが低いこと

太陽の高さが高いと、低く小さな虹しか見えません。太陽の光が水平に近い角度で差し込むと、虹が高く大きく見えます。

 

  • 太陽の反対側に発生する

虹は太陽と正反対の位置に発生します。午前は西側の空、午後は東側の空です。

 

 

つまり、太陽の高度が低い朝か夕方に、空気中に大きな水滴があって、背後から強い太陽光が差しているときに綺麗な虹を見られるチャンスがあるということですね。

 

 

 

<虹色の数は国によって違う>

 

そして、虹の色についてですが、日本では同じみの7色というのが、世界共通ではありません。
国によっては4色や5色や6色というところもあります。

 

なぜ、7色と言われるようになったかというと、イギリスでニュートンが、虹の基本色が「赤黄緑青紫」の5色と考えられていたのを、オレンジと藍色を加えて、「虹は7色」とした為だそうです。

 

  • 7色の場合は、赤→橙→黄→緑→青→藍色→紫
  • 6色の場合は、赤→橙→黄→緑→青→紫
  • 5色の場合は、赤→黄→緑→青→紫
  • 4色の場合は、赤→黄→緑→黒

 

 

でも、実際は、色と色の間は無限に変化しているため、色は数えられないとのこと。

 

 

 

 

しかし、色の見え方は様々でも、虹が美しく、見ると心が浄化されることに変わりはありませんね。

 

 

 

というわけで、雨上がりに強い太陽光が差し込んでいたら、ぜひ太陽の反対側をチェックしてみてください。

 

 

空を見上げる回数が増えれば、虹を見る回数もきっと増えますよ。


page top